タバコにお酒はニキビに悪影響!!ニキビを治したいなら止めましょう。

タバコとお酒はニキビに悪影響を及ぼします。
ニキビだけでなく、肌全体にも悪いんです。

 

しかし、タバコもお酒も習慣になってしまうとなかなか止められませんよね。
とくに男性の場合、付き合いもあるのでお酒とタバコを絶ちづらい環境かもしれません。

 

でも…どちらもニキビにとって、いいことは一つもありません。
タバコとお酒が肌にどれだけ悪いか、詳しく見ていきましょう。

 

タバコとニキビ

タバコが肌に悪いというのはきっと多くの男性が分かっているはず。
タバコを吸ったとき、体や肌の状態はどうなっているでしょうか。

 

タバコを吸うと毛細血管が収縮して、血液の循環が悪くなります。
そして、細胞の働きが鈍り、肌のターンオーバーが正常に行えなくなります。

 

また、タバコを吸ことで体の中にあるビタミンCが破壊されてしまうので
肌の免疫力が落ち、ニキビが治りづらくなってしまうんです。

 

肌の栄養成分が不足してしまうので、ニキビのほかにも、肌の輝きがなくなったり、
クマができたり、シワが増えたり…

 

タバコは百害あって一利なしというのは本当ですよね。

 

お酒とニキビ

お酒を飲むと、体の中に糖質がたくさん溜まります。
この糖質を分解する働きをするのがビタミンB。

 

ビタミンBには皮脂の分泌を抑えたり、新陳代謝を高める効果がありますが
お酒の糖質分解を行わなければならないので、体内はビタミンB不足となってしまいます。

 

そのため、皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まってしまうので
結果としてニキビになってしまうというわけです。

 

肌をキレイにしたいならどちらも止めるのが一番!

このように、タバコもお酒はニキビを治りづらくさせてしまいます。
肌環境自体が悪くなってしまうので、ニキビ以外にも肌に悪影響なことばかりですね。

 

ニキビを治したいなら、タバコとお酒はどちらも止めるのが一番です。
とくにタバコは肌だけでなく健康のためにも止めることがオススメです。

 

しかし、男性の場合、付き合いなどでお酒を飲む機会も多いですよね。
そのため、一切飲まない!ということは難しいかもしれません。

 

ニキビを治したいときには、お酒は適量で楽しむことを心がけましょう。