ニキビを潰すクセがある方注意!!ニキビ跡の原因に…

ニキビができると気になって潰してしまう人も多いと思いますが、ニキビはできるだけ潰さないようにしましょう。

 

潰したほうが早く治りそうな気もしますが、炎症が強いニキビを潰してしまうとニキビ跡になってしまうこともあるんです!

 

ニキビには潰してもいいニキビもあるんですが、素人では判別しにくく、むやみに潰してしまうと余計にニキビが悪化してしまうので、ニキビができたときには潰さないほうが先決です。

なんで潰したらいけないの?

ニキビを潰してしまうという人はどうやって潰していますか?
きっと多くの人は、爪を立てて、力をいれて潰していると思います。
でも、手や爪には雑菌がたくさん付着しています。

 

その状態でニキビをつぶしてしまうと、手や爪の雑菌がニキビにうつり
ニキビが炎症を起こしてしまうのです。

 

そのため、潰す前は小さいニキビだったのに、潰したら赤いニキビ跡になってしまったり、
膿が残って炎症を起こしてしまう
というトラブルが非常に多いんです。

 

ニキビ跡になってしまうと、肌のターンオーバーを促進させても、
頑張ってニキビケアをしてもなかなか元の状態には戻りません。

 

ニキビ跡にならないためにも、ニキビは潰さないようにしましょう。

 

万が一潰してしまったら…

ニキビを潰さないように心がけていても、うっかり潰してしまうこともあるかもしれません。
もしニキビを潰してしまったら、膿を残さないようにしっかり押しだしましょう。

 

膿が残ると、そこからさらに新しいニキビができてしまうこともあります。
また、膿から雑菌が繁殖し、黄色い膿んだ状態のニキビができてしまうこともあるので
潰した際には膿を残さないことが大切です。

 

また、潰した場所はニキビ薬を塗って、炎症を起こさないようにしましょう。

 

クセでニキビを潰してしまうという人は、ニキビに触れないように
絆創膏を貼っておくのもオススメ。

 

ニキビはできるだけ触れたり潰したりしないほうが、キレイに治すことができますよ。